『慰中黒』物申す!!
シアトルのメタルバンド、Solace In Blackの日本語サイト。シアトルのメタル情報やら、バンドマンの日常を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Ozz Fest 2005 (シアトル編写真)

Ozz Fest 2005 (Auburn, WA USA)の写真見っけた。→こちら

管理人は未だかつてOzz Festに行った事ありません。。だいたいねぇ、数日にわたってしかも平日の一日中ですよぉ。朝9時とかから、早い前座とかはプレイするらしいんですよ。そんな暇人、、しまった、メタルヘッドは何人いるんですかって。。ティーンくらいじゃないの、そんなエネルギーと暇、、、いや時間もてあましてるの。

って、いいながらいいなぁ、、The Hauntedとか来てたのかぁ、(ため息)



スポンサーサイト


  1. 2005/08/31(水) 14:18:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

バンドのニュースは?

最近バンド(Solace In Black)のニュースがないから、管理人が適当にメタルの話をしとるじゃないのよ。 ここのバンドのニュース待ってたら、更新が滞るわな。

先週もレコーディングをするっていいながら、スタジオ(Queensrycheも使ってるというポール・クリスマン・スタジオ)からドタキャンされ、それからどーなったんかね。 もう、来月のOverkillとのライブまでなーんもないかね?





  1. 2005/08/31(水) 05:35:53|
  2. Candid Moments|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

HAMMERFALL今度は本当に忘れた

hammerfallHAMMERFALLに結局行かなかったんですな。というか、予定が入ってたし、最近ご無沙汰してたお友達のMagnusくん(b)がまだバンドにいるか解らんかったし、メール送ったけど、あっしを覚えてるか不明だったし、、で、土壇場で予定がキャンセルしたときに、行けばよかったんすよねぇ、一応。

ほしたら、もうライブも終わった今日になって、今日になって、Magnusくんからメールが入ってきた。。

「え~こなかったのぉ?」

もーしわけない。もし、あっしのこともう友達と思ってなかったら、しかとされたら悲しいやないの! だったら、もっと早く返事くれ!
と人のせいにするあっし。忙しいよねぇ、ごめんよぉ。 クリスマスカードの返事はなかったし、先日のメールはだめもとで出したんだわよ。

っつうわけで、またもやHAMMERFALLのライブを逃したあっしであった。がっくし。。


Hammerfallファンの方、せめてシアトルでのショー写真を・・・、こちら


English Translation
I didn't go to the Hammerfall show at Studio 7 after all. I got a plan at that night, and I wasn't sure that my old friend, Magnus (bass guitar) remembered me or not. Well, those are all my excuse.

I sent an email about a week ago to Magnus to make sure that he remembers me, but I haven't got his response back until now! Agghhh, only if it got to me earlier...

"You didn't come?" he said..
I am sooooo sorry. I promise I will come down next time you guys are in town!

Anyway, I was just glad they are doing well, and came back to Seattle.







  1. 2005/08/29(月) 12:34:13|
  2. Blabbermouth|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Metal Churchはハウくんじゃなきゃ

ずいぶん時期はずれのお話になってしまうんやが、まっかちんさんのブログでコメントしてたら思い出したエピソードがあるんで書いちゃおう。

Dは去年の前半までは、Agony of Deceit (A.O.D)というバンドにいた。実はそのバンドはメンバーの脱退で、解散してしまったんやが、シアトルでは結構人気がでた。 まじ、メタル系のレコード会社からオファーが来て、もう少しで契約まで行ったくらいや。 契約の話をすれば、その前に在籍していたAggression Coreのほうがオファーは多かったらしいが、ま、それはおいといて。

そのA.O.Dで、2004年5月22日にDeath Angelがヘッドライナーでのライブがあり、Metal Churchとともに前座として参加したのだ。あっしは喜んだ。 Metal Churchの大ファンだから、お金払ってでもみたいし、しかもDeath Angelとのライブはおいしい。 前座バンドの連れということで、タダでみれたのはコレ幸い。。。しかし、その新生?メタルチャーチはオリジナルメンバーのドラマー、Kirk ArringtonとギターのKurt Vanderhoofのみで、一番人気が出たときのメンバーはKirkくらいだったのだ。

John Marshall(g), Craig Wells (g), Duke Erickson(b)そして、Mike Howe(v)なんておりません。一番大好きだったハウ君なんかもうとーっくの昔に音楽業界から洗ってるし。がっくり。

それで一番がっかりだったのは、、見たこともない新メンバーで再結成したメタルチャーチは、Death Angelよりもながーいリハーサルを繰り返し、、、、A.O.Dのライブ時間がたったの17分!に減ってしまった。それを許したプロモーターとライブハウス側にDを含め、バンドのメンバーで一番穏やかといわれているギターのMまで怒りに怒りまくり、大もめにもめたのだ。

「もうバンドなんか止めてやる!!!」世界に名を知られたバンドといえど、ローカルで名を知られているバンドがシアトルのライブハウスに対立するのは、ライブハウスにとって命取り(とまでいかんか。)。 ほんのすこーしの補償金はもらったらしいが、そんなもんメンバー全員のビール代で消えてしまう程度。そんなことより、せめて30分くらいは割り当てられるはずだった時間でしっかり、プレイしたかったのがやっぱりセミプロとしての誇りだったんだろーな。

有名バンドの地元ライブで前座をいろいろやったDは、これ以外にもいろいろエピソードはあるが、あっしが目撃したのはこれが最初。

見たことないおっさんメンバーで固まってしまったMetal Churchにがっかりしたあっしは、さらに彼らのプレイする曲がいっちばんまた古いアルバムの"Metal Church", "The Dark"からばっかりで、そのときのヴォーカルDave なんとか(忘れた)とそーっくりの声の現ヴォーカルはおもしろくもなんともない。

ハウ君がなつかしーなぁ。。あの声好きでした。

metal church
そんときのちらし。
Metal ChurchはMetal Churchだけのチラシを作っていたという(カラー刷り)。。。
しかもDeath Angelがトリやのに、字が小さいやん





  1. 2005/08/28(日) 13:59:28|
  2. Blabbermouth|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

Tommy Lee Goes to College

先週から始まったMotley CrueのTommyの新しいTV番組、その名も

Tommy Lee Goes To College (全国ネットのNBCより)

同テレビ局のサイトで番組のダイジェストが見れるで→こちら

その先週火曜日の第一回を見逃してしまったんで、今日は絶対見るべしとグロイ映画、Sin Cityを見ているDをほおっておいて、別の部屋で番組を見た。

先週のお話では、ネブラスカ大学へ入学し、取ったクラスが化学、生物学、犯罪学などなどというのは、上にリンク貼ったサイトで見た。 授業中に解らなくて寝てしまいそうになったり、クラスについていくのに、アドバイザー(アメリカの大学には大抵いる)に勧められて、つけたチューター(できる生徒が苦労している生徒を教える)がむちゃくちゃかわいい子で、彼女に見とれて勉強にならなかったり、、。でも唯一一生懸命できるのはフットボールのマーチングバンドのドラムだった。

意外とロックのドラムとは違う。Tommyが他のドラマーとぴたっととあわせられないどころか、たたく箇所を間違えてかなり苦労する。指導者には「ほんとにロックスターなの?」といわれる始末。 

そこで、今日火曜日のお話は、

かわいいチューターさんのおかげで、クラスも少しずつ楽しんでいけるようになってきた。 化学の実験でチューターさんには、「全部一人でできたじゃない?」と言われキッズのようにうれしそう。 生物学の実験では、蛙の解剖をさせられる、タトゥだらけ、鼻輪のTommyが顔を歪ませて、「うげぇ」と言いながら解剖するのはおもしろかった。

マーチングバンドのドラムは、唯一時間を割いて教えてくれる奴がいて、夜遅くまでちゃんとたたけるまで必死に練習する姿を見ると、ほんとにやっぱりドラムが好きなんだな、形は違えど、と感心した。

tommy lee



最後の練習では、先生と他のドラマー達がエバリュエーション(評価)を下した。 

「ちょっと、変なところがあるけど大丈夫でしょう。」

晴れて、Tommyはマーチングバンドのドラマーとして本番に参加できることになった。 本番は緊張気味。 他の生徒にハジをかかせまいと必死。 州立大学同士のフットボール試合、スポーツチャンネルのTV中継もあり、中継キャスターには、「Tommy Leeがマーチングバンドでドラムたたいているのを見るってなかなかないですねぇ。」と言われ笑われながら、Tommyは別の晴れ舞台に立ったのだ。

なんか、すごくかわいいぞと思った。






  1. 2005/08/24(水) 14:48:34|
  2. Blabbermouth|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

Kreator & Vaderのライブ

ワタクシの本家ブログでKreatorのお話をのっけました。こちら→「久しぶりのKreator」 


それ4ヶ月前。あれから、数ヶ月してバンドブログを立ち上げ、バンドのことだけでなく、シアトルのメタルシーンも紹介することがバンドの環境を知らせるのに良いと思いつき(っつうかただできるだけ更新ネタを入れたかっただけ。)、使いまわしてはありますが、古いライブネタを乗っけます。

使いまわしなんで、細かいことはまた書きませんすよ。


先日まっかちんさんの記事、VaderのDocが死去を読んだので、ついライブを思い出したのだ。でも、肝心のドラマーは後釜さんだったらしい。 左側のギターの方に立ってみてたんで、異常に細かくギターのリフを刻む手と長ーいウェーブヘアばっかり見つめておりました。(ヘア?)


Kreatorはやっぱり、自分が好きな古い曲はそこそこしかやってくれなかったなぁ。正直言って、8.9年前にシアトルに来たときに見たときのほうがもっとのっちゃったなぁ。

kreator



そんときのチラシも記念に壁に貼ってある。(いっつもバーから盗んでくるのさ。)

kreator flyer



English Comments

I had written about Kreator & Vader show back in April in my blog, →「久しぶりのKreator」 

It's been 4 months since then. I created Solace In Black Japanese site to introduce the band to Japan. However, Japan market is a fast-moving market. If you don't update or be present in the market, people foregt very quickly. So as blog world. So, I decided to write not only about Solace In Black, but also about Seattle Metal Scene, including Candid Mements.

Well, I just reused this article from my personal blog, but it's ok. I need to attract people to read this blog.

Anyway, because my new blog friend in Japan, Makka-chin wrote about Doc from Vader died, and he was disappointed, I wanted to bring this article up again to do Trackback to his article. →、VaderのDocが死去

I only remembered about Vader show a little. (Sorry!) I only paid attention to the drummer (Not Doc), and a guitarist who played his guitar super fast. I also remember his wavy long hair... I don't why. (I was wondering if he was using Pantene or something. Girl's thought.)

I went to see Kreator personally. They were great, but I only knew them from their old albums, and their newer songs sounded like any other Scandinavian bands. I was actually rockin' out better in the old show that I went 8, 9 years ago. (But still I liked the April show, though.)





  1. 2005/08/24(水) 04:37:27|
  2. Blabbermouth|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

LAMB OF GODのCD買った

買ったつうても、あっしが買ったわけではござらん。(今、金欠病やさかい。。) Dの給料日のほうが先に来たのだ。(奴の場合は金欠病とおりこして、持病と化している。ここの部分だけ英語で書くのはやめよう。)

ashes of the wake"Ashes of the Wake" by LAMB OF GOD
アメリカでも日本に遅ればせながら、ヨーロッパメタルの人気が高まっているけど、このバンドなんか最初聴いたときには、「ヨーロッパのバンド?」とちょっと思った。Dに言わせると、「ちょーっとスレイヤーっぽいとこもあるで。」 う~ん、ま、ちょっとな。。ギターなんて、The Hauntedっぽかったりするなと思った。


しかし、ほんとにメタルがアメリカで復活してよかったっすよ。 ほんま、グランジが流行った10年くらい前はもうあかんかと思った。でも根強いメタル人間がいたし氷河期を乗り越えたわけやね。



We got a CD, "Ashes of the Wake" by Lamb of God. I wasn't the one who got the CD. (I'm very sick right now, "No Money Sickness". "D"'s pay day came earlier than mine.

Although European metal is very popular nowadays, I thought this band was from Europe, when I first listened to this album, not knowing who this band was. It sounds a little bit like Slayer, "D" said. I thought it also sounded like The Haunted.

You know,,,I got really scared when Grunge Rock got very popular 10 years ago. I am glad that Metal is back. Thanks to Metaller(?), who was strong enough to survive the Ice Age...






  1. 2005/08/22(月) 07:33:47|
  2. Blabbermouth|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

NEVERMOREのパーティ写真

SMO(SEATTLE METAL ONLINE)グリーンルーム(フォーラム)でアップされていたNEVERMOREのCDリリースパーティ模様をリンクしてしまおう。

ちょっとこの写真は年月の厳しさを物語っているような気がする。しかし、感想とか多くは語れない。 シアトルは狭いんで、めぐりめぐってこのあっしのブログをメンバーが見るかもしれん。 そのときを考えて、あっしの感想は日本語でも載せないことにする。(日本人の友達とかもいるらしいし。)

NEVERMORECDリリースパーティ写真集~ここクリック





  1. 2005/08/21(日) 13:13:04|
  2. Seattle Metal Scene|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Show Updates!

シアトルへお越しの際は要チェック」ショー

September 16th, 2005 Studio 7 (Seattle, WA)
 
overkill flyer






  1. 2005/08/21(日) 02:02:23|
  2. Show Schedule&Pics|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:6

地ビール"ROGUE-DEAD GUY ALE"の巻

rogue
ROGUE DEAD GUY ALE
from NEWPORT, ORAmber Ale, Alcohol 5.2%??

RATING:

"Dark, heavy, a kind of like sandwich,,,and it got me drunk." by D.P

<関西弁訳>
黒くて、重くて、サンドイッチ*みたいな感じやな、で、また酔っ払った。
*同居人が炭水化物の食い物を表現するときに使うお決まり言葉。


醸造所からのお言葉
Gratefully dedicated to the Rogue in each of us, Dead Guy Ale's image depicting a skelton with a beehive hat is in honor of the mayan day of the dead.

我々一人ひとりの中のローグ(悪がき)に大いに捧げる、”デッド・ガイ・エール”のイメージは、蜂の巣帽子をかぶった骸骨を描写し、マヤ文化の死の誉れにある。(なんかどう訳してええもんか、日本語が浮かばんわぃ。)





  1. 2005/08/20(土) 14:18:01|
  2. Dale's "Beer Talk"|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

HAMMERFALLライブ忘れてた

HAMMERFALLのライブをすーっかり忘れてた。ま、いいか。元お友だち?マグナスくんはまだバンドにいるんかな。(それさえも知らんのに行こうかと思っていたあっし。)

I've just realized that HAMMERFALL show was over. Well,,it's ok. I was wondering if my old friend Magnus is still playing with them. (I don't even know if he is, and still I was going to see that show.)



ここ、2,3記事英語文のっけるの忘れてたわい。バンドのメンバーが「何書いてんのかわからんけど。」と言っているのを聞いて、「やべっ。」と思ったあっし。 こまめに見てるとはシラナンダ。


追記:今日気がついた。まだショーは終わってなかった。来週だった。すごい間抜け。




  1. 2005/08/20(土) 07:38:34|
  2. Seattle Metal Scene|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒストリー

シアトルより、究極のスラッシュ、スピードメタルバンドが誕生
Aggression Coreでシアトルの人気バンドとしてのし上がった元メンバー、デイル・パケット(drums)とアンディ・コーニフ(guitar)が中心になって2004年に結成。その後、セカンドギター、ベースが交代するなど、テクがあり人間的にもしっくりくるメンバーを得るのに時間がかかったが、なんとかマイク・ルーウィン(guitar)、フィッシュ(bass guitar)に落ち着く、一番難航したのはボーカル。 フロントマンだけに印象に残る声やトーンを持ち、観客をバンドの音楽の世界に引きずりこめる人間を見つけるのは至難。しかし、最後にジェフ・ガーストブライアンに決まる。 

現在ベースはジョシュに交代。(早くバンド写真撮れよぉ~。)




  1. 2005/08/17(水) 04:20:14|
  2. History|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おばあちゃんいい加減にし。

オカルト・カテゴリー第一弾がもひとつだったんで、もう少しだけおばけっぽいお話を書いとこう。

Dが前に住んでいたルームメイトの家は、もともとそのルームメイトのおばあちゃんの持ち物だった。 そのおばあちゃんがそこで亡くなったこともあり、亡くなってかなり年数が経つが未だにそこに魂が住んでいるらしい。

Dがある晩、ベッドに横になっていたら、廊下の床がぎぃー、ぎぃーと誰かが歩く音がする。しかも、スリッパをひきずる音もする。

ずりっ、ぎぃー、ずりっ、ぎぃー。

またそのテンポがまさしく、お年寄りの歩き方。 ルームメイトはDのベッドルームから廊下を挟んでちょうど向かい側、ルームメイトのいびきが聞こえる。

ずりっ、ぎぃー、ずりっ、ぎぃー。

止まらない音に、Dはたまりかねて叫んだ。

いい加減にしぃや!ばあちゃん!

音はぴたっと止まった。


また別の日には、Dがリビングルームで一人でギターをしゃかしゃか弾いていた。 すると、誰かが目の前に気配がして、突然!突風のごとく何かが同居人の体を駆け抜けていった。

その後にほのかに、お年寄りのにおいがしたという。 


そして、Dがその家を出たりしたが、その後もよくそのルームメイトと友達しているので、遊びにいっている。 ある日、あっしとDがその家に行って、一緒にDVDの映画を観ていたとき、突然ルームメイトくんがリモコンでDVDを止めた。

「今なんかが、俺の顔にふっと息かけたぞ。」

別に窓が開いていたわけでない、寒い日や。しかも、ふっと顔にかけられる方向に窓はないし、ましては風が一瞬口でふっとかけたように吹くわけないし。


おばあちゃんは姿を見せるわけでなく、Dやルームメイトに気配を感じさせるくらい。 まだ、この家にいたいんやろうな。 でも、驚かせるのはやめてちょーだい、ばあちゃん。

シックスセンスのないワタクシ管理人はまだおばあちゃんにお会いしたことがございません。(別に会いたくないけど。)





  1. 2005/08/15(月) 08:38:39|
  2. Occult|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

"Solace In Black"の由来

メタルと言えば、オカルト好きも多いことだし、こんなカテゴリーも作ってみた。 さあて、あんまりたくさんオカルト話があるってわけでもないが、どうしようかねぇ、Dよ。。

「バンド名の由来が結構オカルトやぞ。それにしぃや。」

鶴の一声というにはモサい男やが、なるほど、ちょっと不思議かもしれん。 ちょうど、ええトラバテーマもあることやし。


バンド名の"Solace In Black"ってのは、もともとメンバーのDとAがいたAggression Core(アグレッション・コア)というバンドのひとつの曲名やった。 その曲は、実際サバンナにに居たポルノ女優の悲しい人生と結末について歌ったものだった。

でも、その曲は結局、ショーではまともにプレイされることがなかった。というのは、バンド練習で何回もプレイしようとしてもなぜか、何かが起きてまともにプレイできないのだった。 例えば、突然停電が起きたり、ギターの弦がぱぱぱんと切れてしまったり。 (おお、まるでお岩さん現象ではないか。。というこのお名前を持ってくるだけでもちょっとどきどきする。

最後のショーでプレイしよとしたら、ライブハウスのあった市内全部が停電という結末で終わった。。


このポルノ女優の人生というのが、不幸の身のうちとドラッグでどんどんうつ病に陥り、最後には死を以って自分の中の平和を見出した。生きることが彼女のとって地獄であり、死でしかその地獄から抜け出す方法がなかったという悲しいお話。

その悲しい話を歌った"Solace In black"をバンド名にした今、、なんか怖いこととか、不思議な現象が起こったかというと、、なんもない。

ただ、どうもさっきから、マリナーズの野球中継を放送しているTVの画面が急に砂嵐になったり、扇風機のスピードが変わるんですけど。。アメリカのTV局の放送障害やら、うちの扇風機の調子がおかしいのは、今に始まったことでないので、ま、これはあんまりオカルトに関係ないか。


最初なのに、もひとつな話だ、すまーん。 なので、ちょっとだけ次の記事で、霊のお話をしよう。



  1. 2005/08/15(月) 08:22:48|
  2. Occult|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Jがジュークボックスで選ぶ曲

昨日の夜は同居人と、バンドのJとJのオハイオから来ている兄貴と飲みに言った。 家の近くにあるビールの醸造所にあるバーレストランへ、、。 そこで地ビールを堪能したあと(と、言ってもあっしはビールは苦手である。)、また近くのアイリッシュ・バーへ。。

そこで最近バーで人気が出てきた、音楽をたくさん幅広くダウンロードできるジュークボックスがあった。 いつもコレがあるバーへ行くと、Jは5曲くらい買っている。 古いジュークボックスだと、1ドルで4曲くらいかけられるのに、この新しい機械だと、1曲で1ドルくらいするのがちょっと解せん。。。

それはさておき、Jの買う曲というのが、、なんでか80’sのポップロックばっかりなのだ。 もちろんたまにメガデスやらアイアンメイデンのようなメタル系もあるが、その昨日のバーで奴がかけたのが、

Motorhead
はいい。。。

Poison
Joann Jet
Rita Ford
Motley Crue
Ratt

極めつけトム・ジョーンズ。。。おいロックちゃうやん。。




  1. 2005/08/12(金) 13:30:39|
  2. Candid Moments|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オーヴァーキルのチケット

ミュージックビジネスというは、業界に経験のないあっしにはよく解らん常識というもんがあるらしい。

ある日Dが練習から帰宅して、その日の練習スタジオであったことを報告してきた。 

オーヴァーキルの前座をすることで、前座バンドは1バンド80枚くらいのチケットをさばくようにとバーのオーナーから渡されるノルマがあるが(といっても裁けなければ返せばいい)、そのチケットを前売り17ドルのところを他の前座バンドのFくんは15ドルで売っていることが、バーのオーナーの耳に入り、オーナーの逆鱗触れたのである。(おげさかな~)

17ドルを15ドルで売っても、差額の2ドルを自分で負担すれば問題ないんでないか?と素人のあっしが思うところだが、売り切りたいから友達以外にそういう売り方をすれば、ビジネスではないし、それは他のバンドにフェアでないことがひとつ。 しかもこのFくんは、チケットマスターなどの日本で言うチケットぴあへ、この価格で売っているというのである。 友達や知り合いに売るのが本来のバンドの役目。 ビジネスを逆手に取っては、業界の常識はずれ。

しかもD曰く、そのチケット、ン十枚分すべての差額2ドルを自己負担するかというと、おそらくそのFくんはなんとかかんとか理由をつけて払わないだろう。2ドルx80枚としたら、確かに貧乏なローカルバンドのミュージシャンには確かにかなりな負担。

そうなることが見えているので、またバーのオーナーは怒り狂ったのだろう。とんだ損失だ。


そんな人がいる中で、Dはバンドのリーダーとして、また自分の顔の広さをしっかり利用して分担の17枚のうち12枚くらいは友達に売ってしまった。(あっし含めてねぇ)

前座もうまくいくといいねぇ。




  1. 2005/08/09(火) 15:27:26|
  2. Seattle Metal Scene|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Hammer Fall

hammer fall
バンド練習のブレイク中に、バンドのDが呼ぶので掲示板を見てみたら、こんなちらしが貼ってあった。

おおおっ!Hammer Fallじゃないか!何年ぶりだろう。って、しばらくワタクシ管理人はメタルシーンから離れていたことがあるので、これが久しぶりなのかどうかは知らない。 しかし、Hammer Fallのベースくん、マグナスとしばらく電話やポストカードをやりとりしていたことがあるので、こいつが久しぶりじゃないければ、友達がいもないというもんだ。

最近音沙汰ないんで、どうしたかと思っていたが、まだバンドにいるんだろうか。連絡してくれりゃいいのに、うるさいガールフレンドでもできたかの?

たぶん、英語を話すのがめんどくさそうだったので、連絡するのもおっくうなんだろ、どうせ。




  1. 2005/08/01(月) 07:14:14|
  2. Seattle Metal Scene|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。