『慰中黒』物申す!!
シアトルのメタルバンド、Solace In Blackの日本語サイト。シアトルのメタル情報やら、バンドマンの日常を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うちの会社のトイレ

ちょっとメタルネタをどうしようか迷ったので、オカルトネタにしてみました。 って、あんまり怖くもないんですけどね。 

ただ、うちの会社のトイレ(♀)は、普通の大きさの区切りがひとつ入り口手前に、身体障害者用の大きな区切りがひとつが奥にあるんですが、トイレのドアが廊下にひとつ、もうひとつドアを通って、小さな手洗い場前を通って、あっしはその手前にある普通の大きさの区切りのほうに入ります。 

その2つ目のドアを開けて入ろうとするときに、いつもじゃなくて、たまに奥の区切り(身体障害者用)のほうから音がするんす。 その女性が用を足し終わって、パンツかをあげるような音。 と、ともに人の気配。 それが毎回なら、おや?とも思わないんですが、たまになんですよ。

ほんでもって、身体障害者用だからドアは手前に開きますが、たまに少しドアが開いていると、誰も入っていないと解りますね。 そういうときには、音はしないし、気配もない。


でも、いつも同じ音だし、同じ気配。。でもって、あっしはほとんど第六感はないので、あまり気にしないようにしてるんですが、やっぱり気になる。 なので、同僚の女性に聞いてみた。

あっし「なんか、あの奥のほうのトイレ、たまに音と人の気配せん?」
同僚♀「はあ、しますね。」
あっし「わたしゃべつに第六感もないから、あまりいままで言わなかったけんど。。」
同僚♀「私もないので・・。でも気になりますね。」


うーん、誰か六感のある人おらんかなー、そのビルに・・。今度お隣さんに聞いてみるか。 トイレの社交って感じで。 (今日はこれだけ・・ちゃんちゃんっと。)


スポンサーサイト


  1. 2005/09/23(金) 12:11:54|
  2. Occult|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ほんでもって、OVERKILLショー

大御所、OVERKILLのショー写真でございます。(デジカメの質がもひとつで写真ももひとつで、もーしわけない。) ひさしぶりに観ましたが、さすがにパワフルですねぇ。 ボーカルのボビー氏、もう40代くらいでないかなと思うけど、声もボディも年を感じさせません。 

でも、ちょーっと古いファンとして残念なのは、やっぱり古いアルバムからもうちっとやって欲しかったなー。 W.F.Oから1曲だけだったし、、あの好きな曲、"WHERE IT HURTS"やって欲しかったのぉ。。

ま、でも楽しかったし良かった。 しかし、最後にいっつも誰かのカバーやるね、彼らは。 だれのカバーだったか、酔っ払い気味で覚えてないのが、間抜けなレポートになってしまいますた。

ENGLISH TRANSLATION
Here're the pictures for the main act, OVERKILL show. (My digital camera's speed was slow, so the pictures weren't good, sorry.) It's been a long time seeing them, but they were so powerful as before. The singer, Mr. Bobby "Blitz" voice was still the same as before, and body structure looked good even though he may be in early 40's. (What was I looking?)

However, as a old fan, I was expecting more songs from older album, such as "W.F.O" They only played one song from the album, as I remembered correctly. I wanted to hear, "Where It Hurts"..

It was very fun, though. They always play a cover song at last in the show. I forgot what they played since I was a little drunk at the time. (It became a silly report of the show,,oh, well..)


OVERKILL1

一番覚えやすいメンバーっすよね、このお二人。


OVERKILL2

観衆多すぎて、写真撮るのも一苦労。 モッシュも白熱してくるし・・。


OVERKILL3

前の兄ちゃん、姉ちゃんのどたま(ど頭)が入るし。
あ、痛!(思い切り左からぶつかられた・・・。)


OVERKILL4

正直言って、ボビー氏のボディに見とれてしまいました。。
目が怖い。 前の兄ちゃんを消したかった。。


OVERKILL5

ギターさん(名前?)もなかなか締まってます。(何見てんのあーた?)
ギターの音が結構こもったチューニングというかエフェクトでした。
ちょっとジューダスを思わせる・・・(と、あっしの勝手な感想)


OVERKILL6

なんか同じような写真でもーしわけない。。
今度は望遠付のスピードが倍のカメラにすっか・・。








  1. 2005/09/18(日) 16:24:06|
  2. Show Schedule&Pics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

OVERKILL前座ショー成功!

待ちに待った、OVERKILLの前座も無事務まりました。いやー、ちょっとどきどきしたけんど、結構初めてうちのバンド、Solace In Blackを観た人からは、まったく知らない人からも「あんたら、良かったよ!」と声をかけられ、以前一緒にやってたバンドの古い仲間からも「タイトだったなぁ!」とお褒めの言葉をもらい。。なんせ、バンドの影?の管理人をやってるだけのあっしにまで、そのお褒めの言葉をもらったくらいだ。(握手ぶんぶんされた。「あ、ありがと(汗。」)

まずうちのバンドの写真をアップしちゃいます。(OVERKILLをノッケローとか言われたりして、、。)

ENGLISH TRANSLATION
We've been waiting for this show a long time. Solace In Black opened up for the OVERKILL show successfully. I was personally a little nervous, but we got a lot of compliments even from strangers, who have probably seen our show for the first time. "You guys are kickin' ass!" Even the old band members told us that we were so tight. We must've brown the people on the floor. I, who's a band Japanese site mistress, even got a compliment for Solace In Black.

Here're the pictures. (You're not gonna say, "Goddammn! Upload OVERKILL pictures first!", aren't you?)


SIB IN OVERKILL

Overkillのロゴバックだぜぇ。

SIB IN OVERKILL2

っつうか、どの角度でもロゴ入るんだわ・・。

SIB IN OVERKILL3

今日のショーではミックスも結構良し、君の声が聞こえたよ。

SIB IN OVERKILL4

Mの顔が、、、ごめん。髪の毛で撮れんかった。

SIB IN OVERKILL5

Aよ、今回はちょっと後ろに引きこもりが多かったな。
ま、OVERKILLの機材がすでにあって、ステージ狭かったし。


SIB IN OVERKILL6

か、かろうじてバスドラのロゴが入ったぜ・・。


SIB IN OVERKILL8

観衆も釘付け


SIB IN OVERKILL7

センキュー、ソレイス・イン・ブラックをよろしくぅ!





  1. 2005/09/18(日) 15:53:24|
  2. Show Schedule&Pics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

Show Updates

シアトルへお越しの際は要チェック」ショー

September 16th, 2005 Studio 7 (Seattle, WA USA) 
overkill flyer

October 29th, 2005 The Clippers (Olympia, WA USA)
December 3rd, 2005 Studio 7 (Seattle, WA USA) "J.G Retirement Show!"
お友達バンドThe Braindeadのフロントマン、J.Gのバンド最後のライブ。 あの個性的なパフォーマンスがもう見れないのねぇ、、さみしぃ。(と女性の声が聞こえると彼もうれしいかもしれない。)

J.G

デヴィ・カバなんてなんその。マイクを”あれ”に見立てるなんて、ガキのやることざんす。彼はしっかり、XXXXXます。(こんなこと書くと、アダルトブログからのトラバがあるぞぉ、おい。)






  1. 2005/09/13(火) 14:10:25|
  2. Show Schedule&Pics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

OVERKILLで思い出した裏話

いや~、もう来週なんだなぁ、OVERKILLとのショー。自分はただバンドブログの管理人で、プレイするわけじゃないんですが、キンチョーすんなぁ。

OVERKILL最後に観たのいつでしょう? もう7年くらい前ですかねぇ。メタル氷河期に突入したころに、シアトルへやってきたんですね。 ほいでもって、そのときの連れ(日本人♀)とライブへ行ったですよ。 その連れに聞いた話、

その連れは、♀ながら酒豪。 とにかくいろんなライブへいっては、ナショナルアクト(テレビ局で言えば、全国ネット。←解りにくい説明やの)バンドのライブへ行って、つるんとバックステージへ他の連中とすべりこみ、メンバーと飲んでしゃべってべろんべろんってなことを繰り返していた。

それでOVERKILLのメンバーとも同じことをやったわけやが、お酒の勢いも借りて、特にボーカルのボビーにべたべた(本人はそんなことしてないと申しておった。)としゃべり始め、しまいにゃ、ボビーに言われた。

「あの~、俺結婚してるんだけど。」

その連れ曰く、「そんなん、わーっとりゃー!」だそうやが、それだけべたべたしてたってことなんでしょうが。(それかボビーの自意識過剰?)


まー、日本人の♀がメタル系ライブハウスでうろうろしてることがめずらしいから、メンバーから逆に「コンニチワ~」と、おそらく日本に行ったときに学んであろう日本語を駆使して話しかけてくることがあるんですが、あんまりメンバー全員知らなかったりするバンドだと逆に恥じかいちゃいますよ。 あんた誰?態度とったりして。

そういえば、前述のHAMMERFALLがそうだった。。実は、シアトルにDEATHとツアーにやってきたときに、あっしはDEATHを見に行ったのだ。でもHAMMERFALLを知らなかった! NEVERMOREのワレル(英語だとウォーロゥって発音するけど、ワレルのほうがなんかおもろいよねぇ。)に、「ええぇ~、日本でポピュラーだぞ。」って言われて、あっそうなのか、って知ったくらい。 だから、メンバーの顔なんぞ知らない。

で、ライブが終わって、バーの外に出たときに、前に停まってたツアーバスの前に突っ立てた、ベースのマグナスくんに「コンバンワ~」とか、声かけられたんだっけ。 昔LAに住んでたとき、日本人の彼女がいたとかで、へんな日本語覚えてたな。 「ワタシト、XXタイデスカ?!」には参ったけんど。(そんな言葉教えんな、日本人よ。)

ああ、暴走してしまった。 今日はこのへんで。


English Translation
I keep forgetting to translate into English. I don't think any English natives read these articles. Anyway, here we go.

It's only a week from Today. It's a show with Overkill. I'm just a blog mistress (web mistress?) for this blog site, but I'm nervous a little.

When was the last time I saw their show? It was about 7 years ago. They came in town when it was becoming Metal Ice Age. I got a story I heard from my old friend ♀ back then.

She was a heavy drinker. Everytime and everywhere she goes to see some national acts in the shows, she gets in the back stage, and had a drink and chat with the band member.

So did she, with Overkill member when they were in town. She was especially flirting with Bobby, which she insisted she wasn't, but Bobby told her,

"I'm married, though.."

She told me, "I knewwwwww it!" I assumed that she didn't realize she did flirt with him. Or Bobby's self-consciousness?


Well, it rarely happens for local people to find that Japanese girls are hanging around at Metal shows and the bars. So, we, Japanese girls are rather picked up by some band members who have been in Japan, using all kind of Japanese language skill they got. It's a kinda embrassing when you don't know the band member's face. My attitude was like, "Who the hell are you?"

It was exactly like that when I first saw Magnus from HAMMERFALL. (Sorry Magnus) When they came in Seattle with DEATH for the US tour, I went to see DEATH. I didn't know HAMMERFALL at all. Warrel from NEVERMORE said to me, "They are very popular in Japan!" Really? That's how I learned about the band. I didn't know their faces.

When I came out of the bar, I met Magnus of HAMMERFALL, who was hanging around in front of the tour bus. He suddenly spoke to me like this, "Konbanwa!", Good evening in Japanese, I think. He used to have a Japanese girlfriend when he lived in LA a long time ago, so he knew a lot of bad Japanese words and sentences.

I was pretty knocked off when he said, "Do you wanna fxxk with me?" in Japanese. Dooo noooot teach him such bad Japanese, folks!






  1. 2005/09/10(土) 07:07:06|
  2. Candid Moments|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Show Updates

シアトルへお越しの際は要チェック」ショー

September 16th, 2005 Studio 7 (Seattle, WA USA) 
overkill flyer

October 29th, 2005 Clippers (Olympia, WA USA) 詳細TBA 





  1. 2005/09/08(木) 14:07:41|
  2. Show Schedule&Pics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

FEEL SO BAD

FSB数ヶ月前に日本の友達が送ってくれたFEEL SO BADっつうジャパメタバンドのビデオテープがようやく観れた(デッキが壊れてたんすよ。)。

とくにこのバンドが好きっ!というわけでないが、最初友達がなかなかいいよと送ってくれたCD"Feel so Best"のがこのバンドを知るきっかけだった。(あたしゃ洋楽しか聴かんかったもんで。) それで、DにCDを見せると

「こいつら知ってる!昔シアトルに来て、シアトルメタルフェスティバルで一緒にプレイした。」
っつうのである。 

そんとき、DはまだAggression Coreに居た。(ブログ冒頭の簡単なHistory見てちょ。)うちのバンドのAもそのときまだAggression Coreにいて、一緒にF.S.Bとプレイしたのだ。

正直言って、あたしゃ、ふ~んってな感じだったが(ファンの人すまん)、Dは特にドラマーのPON氏と意気投合してしまい、太鼓のたたきあいまでやったそうな。 彼らとは言葉があんまり通じなかったが、音楽は国境を越える(どっかのドキュメンタリーのうたい文句ごとく)、すーっかり意気投合したAggression CoreとF.S.Bでありました。

両バンドメンバーは、音楽について手振り身振りで語り合い、ステージ以外でも遊びまくり、飲みまくり。 Dのエピソードでは、ステージ前にどう観客にMCするか、、、川島だりあ女史に一言だけ、教えてあげたという、

"It's All Good!"(「大丈夫」とか「すごいいいよ!」とか言う意味)

この一言で観客は歓声を上げた。 あとは、音楽という共通の言葉で観衆をひきつけたらしい。

オフタイムでは、遊びまくって、飲みまくって。 毎日酔っ払い、二日酔いだったらしい。 そのときの状況をDがそのF.S.Bのビデオを観ながら、思い出して語ってくれた。(細かいことはF.S.Bのメンバーの名誉のために申しません。。。)

この楽しい思い出は、F.S.Bのどれかのアルバムの内側ジャケットに写真のコラージュとなってのっかっていたのをあっしの友達がメールで送ってくれたことがあった。Dの写真がのっかっていた。 「お、俺だあ!」 遠く日本の友達が自分達のCDジャケットに載せてくれたのだ。 すごいうれしそうだった。

その写真はどっかのアルバムだったんですがね、、あっしのメール、インボックスからなくなってましたんで、どれかわかりやせん。 サーチエンジンで検索しましたけど、アルバム内部か裏まで載せてるサイトなんてオフィシャルサイトまでありませんから、だれかファンの方、すべてのCDをひっくり返してみてください。どっかにうちのDがのっかってますわ。


その写真を探すのに、ついでにバンドのことも勉強さしてもらいました。 長いこと活動停止してたけど、つい最近再開したみたいっすね。 また、シアトル来てうちの新しいバンドとプレイしておくんなはれってね。



追伸追伸っ!
証拠の裏ジャケみーっけ。(Chuckyありやとー!)
うちのDがにかーっと笑ってる白黒写真が下のほうに見えるかね?
みぞおちがへっこんだ独特の体形しているんで、すぐ解ったあっしであった。(これを読んでるバンドの関係者さんへ、Dへ連絡してやってください。なつかしがってます。)

Feel So Bad「東京パワー」より
Tokyopower





  1. 2005/09/06(火) 03:49:31|
  2. Blabbermouth|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっとこさレコーディング

世の中に君達の音楽を広めるには、早く1曲、2曲でもレコーディングせんかっと横でいーらいらしながら見ていたが、ようやく、シングルくらいの規模のレコーディングをすることになったらしい。

今日、Dはいそいそとドラムをスタジオに運ぶために自分のトラックをひっぱりだしよったよ。 先週はベースドラムのヘッドをぶちやぶってしまったんで、給料日を待って、Guitar Center(というチェーン店の楽器屋)にてヘッドも買ったよ。

スタジオはPaul Crismanというオーナーのスタジオ、Queensrycheも1ヶ月くらい借り切ってレコーディングするというスタジオは、結構いいスタジオらしい。(その割にはサイトのCustomerって欄には有名バンドの名前がないわねぇ。)あっしは見たことない。 このオーナーが、一番最初のうちのバンドのショーを見に来たのが5月30日、バンドの音とプレイを観て聴いて、「気に入った! おっしゃ、ただでレコーディングさしてやるべ!」と言ったのだ。


しかし、やっぱり音楽業界の人ってのは、どうしてこうも腰が重いんでしょな? ふつうの会社員のあっしにしたら、はよ、動かんかい!といいたいくらい、のそい。(=のろい) あれから、何ヶ月経ったのよ?(ま、7月中はQueensrycheがレコーディングに借り切っていたからっつうけど。)
 
だいたいやね、バンドのロゴかってまだ完成しとらんやないの? それよか、あっしが作ったサブロゴ(慰中黒ね)のほうが、1日で書いて、1週間後の初ライブには、しっかりとベースドラムの表にスプレーしてやったやないの?え?

ま、あっしがいらいらしてもしゃーない。 めでたくレコーディングとなったわけやから、音ができたら、My Space.comのバンドサイトにアップするかんね。 聴いたってや。




  1. 2005/09/05(月) 01:56:14|
  2. Candid Moments|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。